Mailmagazine

しゃちょ。のメルマガジーヌ編集後記

#554胃カメラ

どーも。しゃちょです。

我慢が出来ない痛みってのは、
歯痛と頭痛が二大巨頭だと、
個人的に思っていたのだけれども、
おいおい、なんじゃこりゃ、
腹痛もなかなかのものだよなあ。

ここ2日間くらい、
珍しくお腹のみぞおち部分が痛いので、
これはさすがに診てもらった方がいいな。
と、週明けの月曜日朝イチで、
かかりつけ医さんに駆け込みました。

問診、触診、採血、超音波と、
ひとまず診察を終えたところで先生が、
昨晩から腹痛の影響により、
図らずも絶食中の私の状態を確認した上で、

「しゃちょ。胃カメラいっとこか?」

私ももし膵臓癌とか膵炎とかだったら、
凄絶に重たいなあ。と思ったので、

「先生。胃カメラいきましょう。」

と、間髪入れず。
胃カメラチェックを選択。

喉に麻酔をしてマウスピースを装着、
診察台ベッドに横たわり、
胃カメラの管が喉と食道を通り、
涙目どころか完全なる大号泣で、
オエオエ激しくえずきながら、
撮影された映像をモニターで見てると、
稀有なスキルで胃カメラをぐいぐいぐいぐい、
まるで巨人のように進撃させていた、
先生の手が一瞬、ぴたっと停止する。

先生)「うわあ。こりゃひどい!」

私)「オエオエ〜。」

先生)「ね、ここ見てよ。しゃちょ。」

私)「オエオエ〜。」

先生)「ほら。粘膜が欠損して血が噴き出してる。」

私)「オエオエ〜。」

先生)「これはひどいわ。。」

私)「オエオエ〜。」

先生)「しゃちょ。強烈な十二指腸潰瘍です。」

私)「オエオエ〜。」

先生)「はい。もうおしまいだからね。」

私)「オエオエ〜。」

先生)「あとちょっと我慢ね。」

私)「オエオエ〜。」

というわけで、十二指腸潰瘍。

思い出したくもない地獄の資金繰りで、
メンタルが激烈に疲弊してた、
開業4年目あたりの頃以来だから、
かれこれ15年振りくらいかなあ。

大変長らくご無沙汰しておりました。
その後、お元気でしたか?十二指腸さん!
って、血が噴き出してんだから、
元気な訳ないっつーの。

先生)「1か月入院レベルの十二指腸潰瘍!」

先生)「お酒は1か月、絶対に厳禁!」

先生)「珈琲も辛いモノも厳禁!」

先生)「焼肉、天ぷら、ラーメン、絶対禁止!」

先生)「1か月、絶対におとなしくしてろよ!」

先生)「完全に破れたら緊急手術だからね!」

先生)「最後に、あと3回言わせてもらうね!」

先生)「1か月、絶対におとなしくしてろよ!」

先生)「1か月、絶対におとなしくしてろよ!」

先生)「1か月、絶対におとなしくしてろよ!」

私)「はい。絶対におとなしくします。」

私)「入院だけは勘弁してください。」

ふうう。
結果的に入院はなんとか回避。
十二指腸潰瘍なら、
昔一度、罹患してるから、
気持ち的にもちょいと安心。
とにかく、膵臓じゃなくてほっとしたよ。

で、まずはこの潰瘍を完治させた後、
私の体内に我が物顔で住み着いている、
ピロリ菌の野郎を一網打尽に殲滅させる!

と、我が十二指腸復活の道筋を先生と共有し、
あほみたいな量の薬を処方して貰って、
さあ、お支払いして帰ろうかのタイミングで、
しゃちょ。1か月は絶対、おとなしくしてろよ!
と、再度の念押しを重ねられた挙句、
そうそう、1か月後に再度、胃カメラね!だって。

はうあ!
また胃カメラかい!

失意と落胆のオエオエおかわり宣言を、
無情にも喰らって、
なんとか無事に会社に戻りました。

はあ。参ったなあ。
そりゃあ、痛いはずだわ。
血が噴き出してんだもんなあ。

みなさんも身体に異変を感じたら、
どうぞ、お早めにお医者さんへ。

身体のどこかで血が噴き出してます。
ということもあるわけで。