Mailmagazine

しゃちょ。のメルマガジーヌ編集後記

#577寝台列車でGO!

どーも。しゃちょです。

ご無沙汰しております。
みなさん、お元気ですか?

先週は仕事で、
七類港からフェリーに乗船して隠岐へ。
もちろんPCR検査済みね。

滞在中は生憎の荒天でしたが、
名産のサザエに隠岐そば、
そして、雄大な自然と重厚な歴史。

なにより、
隠岐のみなさんのハートが温かくて、
本当にいいところでした。

世の中が落ち着いた暁には、
今回訪れた「島後」の隣の島、
「島前」へ足を運んで、
狙うはもちろん、
噂のキンニャモニャ祭り!
とにかく、響きがいいよね。
キンニャモニャて。

で、隠岐からの帰りは、
松江から寝台特急サンライズ出雲。

ここ数年、ロシアや東欧で、
たまーに乗ってた寝台列車ですが、
日本国内ではえらい久し振り。

会社を立ち上げた十数年前は、
まだまだ北陸新幹線が開通する前で、
東京出張からの帰りといえば、
上野発の夜行列車「急行能登」。
あれはあれでいい時代でしたなあ。

という訳で、
随分久々の寝台列車になる、
今回のサンライズ出雲は、
車両も綺麗ですこぶる快適。
深夜0時過ぎの無人の三ノ宮駅を、
車窓から眺めたのを最後に、
記憶が途絶え、ぐっすり熟睡。

松江から東京まで約12時間。
味のある電車旅でした。
サンライズ出雲、気に入ったなあ。
また利用させて頂きますね。

さて、気付けばもうすぐ9月。
天高く馬肥ゆる秋。
いろいろ制限がありますが、
仕事のピッチを上げないとね。

まずは何よりも、
来春のキレのあるデザイン。
あっと言わせる楽しいTシャツ。

凶暴な爽快感しかない目薬を点眼し、
野蛮な辛味の青唐辛子を齧りながら、
全神経をピリピリさせてがんばります。