Mailmagazine

しゃちょ。のメルマガジーヌ編集後記

#512不死身

どーも。しゃちょです。

塩って賞味期限が無いんだね。
ダイエッターの端くれとして、
最近、自宅で茹でたゆでたまごを、
お昼ごはんに食べることが多く、
会社の私のデスクまわりには、
電卓や朱肉やボールペンと並んで、
塩が常備されているのだけれども、
ふと思って調べてみたら、
なんだ塩の野郎、永遠の命やん。

まあ、世間的には、
こんなの一般常識なんだろうけれども、
これまで割とぼんやり生きてきて、
塩の命なんぞ気にしたことも無かったからね、
塩の野郎が不死身だったなんて、
ついぞ知らなかったなあ。

まあ、こうして、
ふらりと塩の話題から入ったからには、
ここから塩の話を更に膨らませていくのが、
本当なのだろうけれども、
書き手の力量不足が顕著で駄目だわ。
塩がなかなか膨らんでくれない。

湖池屋ののり塩食べたいなあ。
小樽で食べた塩水ウニ旨かったなあ。
姫路の塩本さん元気かなあ。
数年前に一泊した某ビジネスホテルの、
部屋の死角になってる片隅に、
こっそり盛り塩がしてあったなあ。
と、頑強に封印してた戦慄の恐怖体験を、
うっかり思い出してしまい激しく後悔する。
あれは反則。絶対にやっちゃ駄目。