Mailmagazine

しゃちょ。のメルマガジーヌ編集後記

#582真夜中の緊急事態宣言

どーも。しゃちょです。

往年のアイドル歌手や、
白馬に乗った王子のように、
当方、極度の便秘体質でございまして、
幼少期からかなり悩んでおります。

っていうのは、
ここでも何度か、
話題にしているのだけれども、
昨日、私と同じく便秘体質で、
悩みをがっちり共有してる、
椿(つばき。娘。高3。)が、
割と悪い顔をして近づいてくる。

「おとうさん。」

「これやばいから。」

「めちゃめちゃ、効くよ。」

「1回飲んでみてよ。」

「ね、ね、はやくはやく。」

「びっくりするから。」

「笑うよ。」

「大笑いするよ。」

えーっと、
これってステマなのか?
と、疑念が生じるくらいの勢いで、
椿がゴリゴリ推してくる、
「便秘に効く!」とかいう代物を、
あいつのステルスな気迫に負けて摂取。
で、5時間後。

おいおい、ふざけんな!

世の中、ようやく、
緊急事態が明けたというのに、
なんで俺だけ緊急事態やねん。

真夜中、便座にひとり腰掛け、
青ざめながら口ずさむのは、
名曲、やしきたかじん「なめとんか」。

♪なめとんか ホンマなめんとんか
うちはあんたの おもちゃやないよ

やめたろか 全部やめたろか
なんでうちだけ ひとりやねん♪

あいつ、ホンマ、なめとるわ!